News Business 政府、AI事業者向けに指針 - 安全性と透明性を重視
0
経済産業省

Published :

政府、AI事業者向けに指針 - 安全性と透明性を重視

政府は19日、人工知能(AI)にかかわる企業が守るべき項目を盛り込んだ「AI事業者ガイドライン」を公表しました。世界的に開発競争が加速する生成AIがもたらすリスクを念頭に、安全性や透明性、公平性など10項目を示しています。指針に基づいて適切な利用を促して産業競争力を高める狙いがあります。

指針の概要

AI事業者ガイドラインは、AIの基盤モデルを開発する「開発者」、AIを組み込んだサービスを提供する「提供者」、AIを事業で利用する「利用者」が対象となります。政府が生成AIを念頭に民間へ示した最初の指針であり、法的拘束力はありませんが、企業には指針に基づいた自主的な対応を求めています。今後もAIを巡る動向を踏まえて指針を更新する考えです。

国際的なAIルールづくり

AIを巡るルールづくりは世界的にも加速しています。米国では2023年にオープンAIやグーグルなど同国の主要7社が自主規制ルールの導入で合意し、欧州連合(EU)でも世界で初めてのAIの包括規制であるAI法案が可決されています。

  • Reactions

    0
    0
    0
    0
    0
    0

    Your email address will not be published. Required fields are marked *