News Business 完全自動運転の未来:Turingが東京で30分間の実証実験を計画
0
人工知能

Published :

完全自動運転の未来:Turingが東京で30分間の実証実験を計画

自動運転車両の開発を行なうTuringは、2025年12月に東京で30分間、人間が一切介入しない自動運転の実証実験を行います。

挑戦の背後にある課題

Turingは、自動車をエミュレートしてモデル化し、世界を理解できるAIを投入することで自動運転を実現するアプローチを取っています。しかし、多くの自動運転システムはルールベースのプログラムによって制御されており、イレギュラーな事態には対応できません。

カメラとAIだけでの完全自動運転

Turingが目指すのは「カメラとAIだけで完全自動運転が可能なクルマ」です。そのために同社はマルチモーダルAI「Heron」を開発しており、柔軟な対応が可能で、イレギュラーにも対応することができます。

世界モデルの構築

Turingは世界モデルも作成しており、日本中の道路の走行データを集積してAIが学習するための世界を作り、常識と倫理観を身につけさせています。

Tokyo30プロジェクト

2025年12月には、東京の市街地で30分以上、人間が一切介入しない「完全自動運転」を行なう「Tokyo30」プロジェクトを実施する予定です。

  • Reactions

    0
    0
    0
    0
    0
    0

    Your email address will not be published. Required fields are marked *