News Top Stories 東京でクマ“出没” 北の大地は10日連続でヒグマが住宅地に
0
クマ

Published :

東京でクマ“出没” 北の大地は10日連続でヒグマが住宅地に

東京都内でクマの目撃情報が急増しています。一方、北海道でも10日連続でヒグマが住宅地に現れている状況です。この時期、クマは「イライラ」していると言われており、住民は警戒感を高めています。

東京都内でのクマ目撃情報

東京は世界的にも珍しい「クマが生息している首都」。都内には約160頭のツキノワグマが生息しており、食べ物を求めて人里に出没することがあります。冬眠から目覚めたクマたちは、青梅市の「青梅の森」などでも目撃されています。近隣住民はクマの出没に警戒感を抱いており、特に住宅街では「まさか!」と驚きつつも注意を払っています。

北海道でのヒグマ出没

北の大地・北海道では異例の事態が続いています。乙部町では20日もヒグマが出没し、驚きと警戒感が広がっています。連日、目撃情報が寄せられており、住民は車で子どもを送迎するなどの対策を取っています。

母グマと雄グマの攻防

冬眠明けのこの時期、子グマを連れた母グマにも注意が必要です。食べ物を探すツキノワグマの親子に雄グマが襲い掛かることがあります。雄グマは子グマを餌として狙い、母グマは子を守るために反撃します。この影響で母グマが人を攻撃しやすくなるため、住民は警戒を呼び掛けています。

  • Reactions

    0
    0
    0
    0
    0
    0

    Your email address will not be published. Required fields are marked *